ワニココロ、ウラハラ。

WANICO個人的雑記。Music/Visual/Design/Audiovisual/Generative Art/CreativeCoding/Processing/Max/Windsurfing/Love the life you live, Live the life you love/嬉しい楽しい美味しい大好き

アクアドロップサマーネイル2018

今年はドロップネイルが流行ってるみたい。

 

中指と薬指にしてもらった水滴がかかってるやつみたいなのね。

 

 

親指と薬指はブルーのラメから、ネイビーにスカイブルーのエアジェルネイル。

そのほかの指は、ベースはホワイト。ミルキーで半透明なホワイトかたのスカイブルーエアジェルネイル。

爪先は今回すべてスカイブルーのエアジェルだよ。

 

白いヤシの木書いてもらってちょっとみにくいけど根元にはシルバーのヒトデ。

 

人差し指には今年新登場したっていう立体的でおおきなブルーの貝。

 

中指にホタテ☆薬指にカメさん♪

 

 

 

スワロをつける前に、全体に細かいブルーのラメをかけてもらってます。

 

気分は夏真っ盛り!!

 

気分上がっちゃうねー!!

マリンスポーツの季節♪

 

今年も夏を尾も逸機したのしもー!!!

 

f:id:WANICO:20180721132615j:image

Processingビジュアプ入門を読む#24 関数 を読みました

 暑いよねー

夏がいよいよやってきた感じ満載。

 

夕方でも38度だなんて。。

アイスばっかり食べちゃうわ

 

なんやかんやでこんな三連休に限って

うれしいことにお仕事山盛り。てんこ盛り!

だけど夏のギラギラした勢いに乗って

夏バテせずにがんばりましょう。

 

 

で、今日は

Processingビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

第24章 関数 を読みました

 

Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

 

この章では自分で関数を書くための基本的な文法とか、考え方、

あと、パラメータの定義の仕方と再起呼び出しについての議論だって。

えー!自分で書くの!?へーーーー

 

 

 この本は基本的なスタンスが、プログラミングを始めてやってみる読者に対して

優しさやいたわりがいっぱいだなって思っていたんですが

ほんとにこの章でもそのスタンスが随所に見られます。

 

抽象化

高度な関数は理解が大変だけど、

関数を使う長所は、厳密にその動きを理解していなくても

ほとんどの場合その使い方を理解しておいたらじゅうぶんだよ!だって

 

いぇーい。素敵。

 

抽象化はソフトウェアの専門用語としては絵画や美術での使われ方と違って

結果に注目するために細部を隠すことを意味しているんだって。

 

なぜ関数を使うのか?

 

何度も繰り返しておんなじ図形をかくときなど

関数を使えばどのように短いコードで、わかりやすく、

モジュール化できるのかの解説。

とても丁寧に書かれているから、ほんと分かりやすい。

解説自体は一つも省いてない。

よほど情熱があって、必ず読者にわからせようって思ってない限りここまで詳しくない気がする。。ありがたいなぁ。

 

関数を作る

 

自分で関数を作るためには、ゴールをはっきりさせること、

そしてそのゴールを小さなステップに分解していくこと。

 

普段の仕事でも生かせることを、っていうか生かすべきことだぁ。。

 

そしてうまく関数を使うと再利用が促進されるので

どんどん新しいプログラムを書くことも簡単になって

自分のコレクションがたまっていくってお話。

こういった観点でほかのコードも読まないといけないなー

 

関数の多重定義・オーバーロード

 

受け取るパラメータが違えば、おんなじ名前で別の関数を定義することができて、

このことをオーバーロードっていうらしい。

 

fill() image() text()とか。たしかにおんなじ系統のことするのに

それぞれ名前がちがったら使いにくいかも。

塗色の指定だったら、fill()とか。わかりやすいね。

それを自分で関数作るときも、この仕組みを理解して、

考え、、、、られるかな。いきつけるかわからへんけど

頭にとめておきたい、、、

 

 

計算と返り値

 

最初のほうからなんとなく使っていた void の説明。

関数が返り値を返さない場合の特殊なデータ型

 

データの型って絶対間違えそうだ。。

エラー出して、直していくしかないけど

全部覚えきれないから確認したほうがいいってことだけ覚えとく。。

 

 

パラメータ化

 

ソフトウェアでこれまでにない形を探求する方法。

パラメータに応じて様々な形を生成するために関数を書くことを

形のパラメータ化ていうんだって。

これ面白いね!!いろんなパターンが生み出せちゃう。

いろいろ使いたいなー

 

二枚のカードを組み合わせた作品の例

とか、葉っぱのデザインをいろいろ生成する方法とか。

いろりおじぶんで組みあわせるよりかわいいのいっぱいできて嬉しい♪

 

再帰

 

関数はそのコードの中でその関数自身を呼び出すことが出来るってお話

合わせ鏡の中に無限に広がる世界みたいにね。

ソフトウェアの世界で再帰っていうのは、関数よびだしが、その関数自身のブロックの中から行われるから、鏡の無限に広がる世界みたいに

無限な繰り返しにならないよう、終了する手段を持ってないといけない。

 

ループ構造との比較とか。

おもしろかったけどこれどこまで生かせるかなー。

めちゃくちゃいかしたいけどどうかなー。

 

最後に示されたいくつかの例を見て

コード動かしてみて、

あーこのかんじがコードでお絵かきする楽しい感じだなーって

またまた再認識でした。

 

だけど、だぶんまだ自分では作りきれないなー。

ランダムなんかを駆使して、秩序と無秩序のバランスの取れた

ダイナミックな変化のある感じ。いいないいなー。

 

こういうのとりいれていきたーい。

 

この関数の章は結構長くて、読むのに時間がかかりました。

だけど、いろいろ教えてもらえることの多い章でした。

よんでよかった。大急ぎで理解したいときは、たぶん飛ばしちゃう章だけどね。

 

今日のおやつ

 

すっごい暑いけど、祇園祭りだね☆ コンチキチン♪

 

f:id:WANICO:20180717162200j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Processingビジュアプ入門を読む#23 時間を読みました

 Processingビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

第23章 時間を読みました

 

 

Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

 

 楽しいことがあるとあっという間

つらい日々は永遠に時が止まったかのよう。

 

そのはざまにゆらーり毎日時間を私たちは過ごしてるかしらね。

23章は時間と日付のデータ型について。

 

そうでした。これまでは自分でスタートさせないとスタートしなかったけど。

現在時刻や、日付をプログラム内で読み込めるようになると

ある時刻に動画が再生するようなスケッチとか。

日付によって色が変わるとか。

 

ソフトウェアが私たちの代わりに記録したり、それを思い出させたりしてくれる

 

プログラミングの本をちょっとづつ読んでいくと、

プログラミングがわかるようになるっていうより、

もっと基本的な、私たちの世界がどうなっているっていうような

たくさんのことを気づかせてくれるよ。

 

パラパラって使い方を学んで、出来るだけ早くプログラミング言語を習得して

日々の業務に生かさなきゃいけない状況ではなくて

もうすこしだけ余裕をもって

ひとつひとつ見ていくと

また新しい世界がひろがる。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

秒、分、時間、ミリ秒

 

あー あの会議で、きっとこんなことがあって

で、でもそれはこうであーで、gにょごにょごにょ^csljfきcslds

 

とかね。ふと考えだして、思考がちょっとネガティブになり

一気にそれが加速しちゃって、結局完全思考停止、、え?もうこんな時間!とか。

よくありがちな、人の時間軸と違って

こちらはほんと正確に。淡々と。おりこうさん。

 

Processingでは現在時刻とともに、プログラムが実行開始されてから

の時刻も数えてくれてるらしい。

しかも一秒の千分の一のミリ秒単位!

だから時間の経過にしたがって変化していくスケッチを作りやすい。

上手く組み込みたいねー。

 

日付

 

日付も同様にスケッチに埋め込めるよ

ほー。可能性は広がるねー。

 

 

 

あたりまえにつかっている既存のソフトウェアも

よくかんがえたらこんな風できてるなーとか

いろいろおもいおこせる良い機会になったよー。

 

 

 

今日のおやつ

f:id:WANICO:20180711122515j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Processingビジュアプ入門を読む#22 動きを読みました

 Processingビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

第22章 動き を読みました

 

 

Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

 

 つーいーに☆動きますよ。コードで動きを作り出す手法についてー♪

 

動きを制御する

 

図形を動かすには変数を使うけど、

まいかいバックグラウンドを書き換えて、

画面をクリアしたり、

毎回ディスプレイウインドウ全体を半透明な

矩形をかいて重ねていくいことで、

モーションブラーをぶらーっ☆て、少しづつ揺らいでいくみたいにおこせたりー。

このまえやったイージングしてみたり。

 

ひとつひとつは頭の体操みたい。

ただ関数覚えてもできないなー。

いろんなテクニックあるのねー。

 

曲線に沿った動き

 

シンプルな計算にそわせて図形を動かすー

たしかに入り呂できるのは分かるけど、自分では組み立てられそうにない。。

そういえば、計算のとこでもおんなじ感じに思ったから、基礎からの積み上げがー。たりにゃいな。

 

機械的な動き 

 こちらはサインコサインを使ったり、位相をづらしたり。

んー。やはり複雑。。そして基礎力が低い私には、

こういったことがどこがシンプルなのって感じだ。。

 

 

有機的な動き

 ランダム関数を使うことで、予測できない動きを出したり

ノイズで、動きのあるテクスチャを作る方法。

こっちのが私には理解しやすかったなー。

 

動きのあるタイポグラフィ

これまでのいろんなテクニックを使って

文字を動かす。フレームレイトをうまく使うといいんだね

コード動かして理解するのがわかりやすかったです。

 

 

この章を読んで、だいぶこれまで読んできたものがつながったり、

組み合わされてい論なことが出来るんだってわかりました。

で、出来上がりがどうやったらかっこよくなるかは、

やっぱりセンスの問題やね。

センスを磨かねばー☆

 

今日のおやつ

 

f:id:WANICO:20180710094320j:image

 

 

 

 

 

Creative Cordingテスト#test03

 プログラミング、特にクリエイティブコーディングに関しては

学んだ技術はそれを毎回つかってちょっと作ってみるのがいいよっていうことなので

GENERATIVE DESIGN Processingで切り拓くデザイン新たな地平をよんで

学んだ技術をテーマに簡単なものを作って練習してみた第三回目。。

 

Generative Design ―Processingで切り拓く、デザインの新たな地平

wanico.hatenadiary.jp

 

 

今日は線をうまくつないで形をつくるやり方や、

この前勉強した色や背景の設定方法なんかを

いろいろ変えたりして

いっぱい線が重なっていく感じにしてみたよ。

 

偶発的に、自分が思ってる以上の

想像力を超えた形で、なにかがどんどん出来ていくって、楽しいねー☆

 

 

www.instagram.com

 

Processingビジュアプ入門を読む#21乱数を読みました

 Processingビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

第21章 乱数を読みました

 

 

Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

 

 ランダム関数やノイズ関数のまえにー。

 

乱数をアートや創作の中で使う意義について。

完全に整った構図は、一瞬みられることはあっても、ずっと私たちの注意をひかれるものではなく、

反対にカオスな状態やったら、視線を集めることが出来ず、その二つのバランスをとることで、満足の行く結果をつくれるよってお話があったよ、

深いなー。

 

 

予想外の値

ランダムおもしろいねー。

これ使うと一気に作品の可能性が広がる☆

 

発散

どうやって秩序とカオスのバランスをとりつつ

図形とかいろんなものをスクリーン上に分布させるか。

いろんなテクニックが紹介されてるけど、どれも

おもしろいデザインを作るのにかなりいかせそうじゃんか!

なるほどねー。

 

乱数のシード

えーナニコレ。

わっからんかったで!何言ってるのか。

おんなじ値を出してくれるらしい

randomSeed()関数のどこがランダムなの。。。

 

と、ちょっと意味不明でおやつタイム。

珈琲飲みすぎやんか、

 

 

で、この乱数のシードっていう考え方。

んー、まあ何となくわかったような気もするけど

ある数値をシード値(seed→種)として用いると


その値を基にして特定の演算により乱数を生成するから、

 

このため同じシード値を使用した場合、

発生する乱数(結果)はまったく同じものとなるらしいがこれのどこが乱数なのか。。

再現可能な乱数の生成って、やっぱりまだぴんと来てないかも

サンプルコードをみてもなー。よくわからん。。

 

とにかく。。乱数が発生させられるけど、

おんなじ乱数が毎回発生させられるってことは理解した。

あるんでしょうたぶんこういうのが、必要なことが。

心にとめておこう。

 

 

ノイズ

 

ケン・パーリンさんによって確立されたパーリンノイズ☆かわいい名前!

そしてここから二重のforループを使ってx軸とy軸とか動かしたら

おおー!なんか複雑な形になっちゃうやーん。

 

そしてサイン関数とかを絡めるとますます複雑に!

なんだか素敵なデザイン出来上がってきたー。

けどこれ、どうなるかだいたいの感じを

よそくして自分で書いていくなんて、ちょっと難しそう。。

慣れるまで、いろんなコード見てみるしかないかなー。

 

 

世界はひろがるねー。

だけどいっこいっこね。いっこいっこ。

ちょっとずつでも前にー。前にー。

 

今日のおやつ

 

f:id:WANICO:20180709112149j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Processingビジュアプ入門を読む#20 計算 を読みました

 Processingビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

第20章 計算を読みました

 

 

Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

 

 この後の章で、動きとインタラクションに応用できるようできるような

数学的な関数のお話。

 

淡々と、しかし一つひとつはシンプルで理解しやすい内容だったので

全部覚えてはいないけど、また見返したらいいやって把握もできたし、

なにより19章のインタビューで、えー、難しいよーってなった気分が

ちょっと癒されてよかった。

 

 

指数とルート

 

大変シンプルなお話で、sp() sprt() pow()に値を入れたらこうなりますよーって

解説。

数学の復讐みたい。あ、ちがった、算数の復習か

 

正規化と写像

 

不勉強丸出しやけど、この二つの日本語初めてきいたよ。

数値を0.0から1.0の間の値に変換することがよくあるらしく、

この扱いやすくすることを正規化って言うらしい。

0.0から1.0の間の値が掛け算されても、結果は

0.0より小さくならず、1.0より大きくならず何回でもかけ合わせられるから。

norm() lerp()map()関数何かを使ってうまく変換できるといいみたいだけど。

 

原理は理解できても作りたい者に対して、これどうやって使うか考えられるようになるまではまだまだかかりそうだ。。

 

シンプルな曲線

 

指数計算と出来上がった曲線の形をあるけいどイメージで結び付けておかないと

パッとクリエイティブなお絵かきなんかに使うのは大変そうだな。。

 

 

数値を制限する

パラメータになる値に一番近い整数を計算したり、最小値や最大値の見つけ方について。

constrain()で一定の範囲にあるようにせいげんをつくるっていうのは

描画をスクリーンの中に制限したいときによく使われるって。

たしかにかなりの頻度で必要になりそうだから、覚えておこう。

 

距離  

 

便利よねー。たった一行のコードで。自分で数えなくても、はかってくれちゃう。

コンピューターつかってるーって感じする♪

 

イージング

 

この考え方も初めてしりました。インターポレーションともいうらしいけど。

アニメーションにつかわれるのが一般的。これも自分ではなかなか設定

できるようになる気がしないけど、どこかで見たことある気がするね。

とってもよくつかわれてる。

効率的な所にコードを配置しないと、かなりおそくなってしまう。

気を付けよう

 

角度と波

 

ラジアンだってさ。日常会話に使わない言葉いっぱいだー。

三角関数をうまく使って、お絵かき。

このあたりややこしくなりそうな気配がいっぱいだけど

なんとかサンプルコードを動かすことで助けられてる。

 

円と螺旋

なるほどねー。

 

ほー。の連続ですよ。

学校で算数や数学の授業やるときは

ほんとにプログラミングと一緒にやったほうがいいと思う!!

シンプルなことの組み合わせで、こんなことできるんだねー。

ほー。ほー。

 

方向

三角関数のアークタンジェントをーーーーって

急に言われて、またしてもわからず。。

 

さいん、こさいん、たんじぇんとーまでしか覚えてなかった。。

アークタンジェント、、ぐぐってなんなかおいついた。。

いろいろわすれてるなー。

 

 

 

19章は、ザーッと読んで、サンプルコード走らせてみて。

きっとすでに忘れちゃってることもおおいけど

またそのつど見直すことにするよ。

 

やっこさ、かなりのゆっくりお気楽ペースではありますが、

半分読めました。さあ、あと半分。

 

今日のおやつ

f:id:WANICO:20180708130703j:image