ワニココロ、ウラハラ。

WANICO個人的雑記。Music/Visual/Design/Audiovisual/Generative Art/CreativeCoding/Processing/Max/Windsurfing/Love the life you live, Live the life you love/嬉しい楽しい美味しい大好き

Processingビジュアプ入門を読む#9 シンセシス1

Processingビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

第9章 シンセシス1をよみました。

 

Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

 

ソフトウェアをスケッチする

 

シンセシスって、なんだ?

 

とおもいつつ読み始めたけど。

 

これはつまり、この本の著者の

ベン・フライさんとケイシー・リースさんがただ読者に

Processingの機能を解説するためじゃなくって

もっと奥深く、情熱と歓喜をもって伝えようとしてることがあって、

だからこの本を書き、そのために

コーディングなんかに時間を費やさずに、紙を使ってアイデアを練って

十分いい感じになってからコードの開発にはあたれ!って

ことばに表れているように

本当にこの言語が、何かを表現し、感情を伝え

まさに言語としてクリエイティブであることを可能にしてくれるからこそ

その前に何がしたいのか、はっきり考えてからとりかかれって話は、

とっても納得のいくものでした。

 

でないと、得られた複数のデータを使って、新たなデータを得るシンセシズの作業は

すぐに迷子になってしまう。。。

これ、ほんと日常にもすっかりあてはまるなー。

 

プログラミングのテクニック 変更 拡張

コラージュ サンプル

ソフトウェアの書き方は十人十色。

これまで読んできたことを組み合わせたり、

いろいろいじってテンプレートにしたり、支点として発展させたり。

うふふ。楽しいあたりにやってきた気がするやーん。

 

プログラム全体をみながら、細かい部分を洗練させるバランスの取れたコーディングを心がけようだって。

 

オープンな開発コミュニティがあるっていうことは

たしかにこうゆうことを学習するにおいてほんとに助かる。

このバランス感覚身につけたーい

 

雨の午後。コーヒーって。ほんと美味しい

今日おやつは

 f:id:WANICO:20180623135438j:image