ワニココロ、ウラハラ。

WANICO個人的雑記。Music/Visual/Design/Audiovisual/Generative Art/CreativeCoding/Processing/Max/Windsurfing/Love the life you live, Live the life you love/嬉しい楽しい美味しい大好き

Processingビジュアプ入門を読む#12 タイポグラフィ を読みました

Processingビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

第12章 タイポグラフィ を読みました。

 

 Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

 

 

ところでさ。

タイポグラフィって何か知ってた?

 

この第12章読んでて途中で、はっ!っと気づいたけどさ。

 

タイポグラフィって、何となく単純に、文字とかそれつかったなんかー。

くらいな超適当な理解で、これまで何の問題もなく来てしまってた、、

だから、途中で、ちょっと待って。えっとなんやっけ。となって、ぐぐってもっかい読み直しました。

 

タイポグラフィtypography)は、活字(あるいは一定の文字の形状を複製し反復使用して印刷するための媒体)を用い、それを適切に配列することで、印刷物における文字の体裁を整える技芸である wiki

 

 

タイポグラフィは技芸!!このはっそうが足りてなかった。。

ただただ細かくせっていすればいいってもんじゃないで

ものすごくクールに、素敵に遊びたいねぇ

 

テキストを描く

あらためて真っ白な状態から、テキストを描くてかんがえて、どこに、何色で、

何を、どんなかたちに、とか、ひとうひとつ検証しなおすのは、

とても可能性の広がる作業だけど、またまたなにしてるのか迷子になりそう。

自由な海が広すぎる。

やっぱりちょっと遊びごごろというか、楽しんでできるかは大事やって思った。

きょうみを持続させるためにも。いい意味でいっぱい遊ぼう。

まじめに取り組めばいいってもんでもなく、やってることに満足せずいきたーい。

 

メディアの読み込み

読み込むコードをグローバル変数としてsetup()draw()外にすることや

大文字小文字に気を付けて。

 

ベクターフォント ピクセルフォント

テキスト属性

 

タイポグラフィとインタラクション

 

著者の言うと売り、確かにこれまでわにこの発想力も、今あるソフトウェアも

いかにタイポグラフィやタイピングを保守的に扱ってきたか、はっとさせられる。

 

それからたぶんこういった章は、これまでだったらすっ飛ばしてたきがする。

文字を扱いたいときに、ちょっと見返してわかった気になる感じで。

だけど、開発者自身の書いたこの本を、ある程度時間をかけて、読む

ことで、そこにこめられた情熱や、スタンス、向き合い方みたいなものが垣間見れて

 

またそのことからとても感化されることが多くって、

読みはじめてよかったなーとあらためて思った。

 

 

今日のおやつは

 

 f:id:WANICO:20180627132836j:image